果物も鯉も何でも食べる動物~ハクビシン駆除をして問題解決~

周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切 周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切

日に日に減っていく鯉…急いでハクビシン駆除を依頼しましょう!

ハクビシン

家で金魚や鯉を飼っている場合は、ハクビシンに注意しましょう。ハクビシンは鯉をさらって食べる動物です。そのため、もしハクビシンが自宅に侵入してきているのであれば、ハクビシン駆除を行ないましょう。

ハクビシンは鯉を襲う!

ハクビシンは雑食性の動物です。ですので、果物や鯉も何でも食べてしまします。鯉を飼っている人は気をつけましょう。

どんどん鯉が減っていきました(64歳/男性)

何匹か鯉を飼っていたのですが、ある日を堺に突然鯉が減りだしたような気がして不安になりました。病気になって死んだのであれば、池に浮いているのを発見するはずです。でも死骸は確認できません。池から持って行かれていることに気付きはしたのですが、犯人が分からず困っていました。ところが最近動物の足跡を見つけたのがきっかけで、犯人がハクビシンだということが分かったのです。

何でも食べるハクビシン

ハクビシンは雑食性です。肉や野菜、昆虫など何でも食べてしまいます。特にハクビシンが大好きな食べ物が柿やみかんといった甘い果実です。甘い果物が好きなハクビシンは、果樹園などへ被害を与えるケースもあります。また、運動能力が高いので、木の上に登るくらい朝飯前なのです。ですので、木の上に登り好きな果物を貪り食べてしまいます。またハクビシンは鯉も食べます。その他にも人が飼育している鶏などを襲うこともあるのです。

まずは巣ができているか確認しましょう

の鯉がハクビシンに捕食されてしまった場合は、警戒した方が良いでしょう。理由としては、ハクビシンが敷地内に巣を作っている恐れがあるからです。ハクビシンが敷地内に巣を作っているのであれば、被害は鯉だけでは済まなくなる可能性があります。

ハクビシンが家に侵入しているか判断する方法はありますか?
家にハクビシンが侵入しているかどうかを判断するのは、少し時間はかかりますが簡単です。まずチェックすべきは音です。特に夜中に天井裏でドンドンと騒がしい音がしないかどうか確認しましょう。またネズミよりも大きな影を家の中で見かけたことがあるかも、判断材料になります。後は足跡があるかどうかです。これらをチェックするのに数日はかかることでしょう。しかし、今紹介したことがすべて確認できたら、ハクビシンがいる可能性が高いです。
巣は見当たりませんが調査を依頼することはできますか?
調査可能です。元々巣を見つけるために調査をすることが多いので、気兼ねなく調査依頼をしてください。天井裏や床下、屋根の上なども細かく調査します。また特殊な機材を使うことによってハクビシンの侵入経路を割り出す調査も行なうのです。ハクビシン調査は徹底しており、場合によっては暗視カメラを使って、ハクビシンの生息調査も行なうこともあります。

ハクビシン駆除はプロにお任せ

作業員

ハクビシンによって、大切な鯉を守るためには、ハクビシン駆除を行なう他選択肢はありません。ハクビシン駆除は自分で行なうのは難しいため、ハクビシン駆除業者に依頼するのがベストな判断といえるでしょう。ハクビシン駆除業者に依頼すると様々なメリットがあります。例えば、室内の殺菌や消毒を行なってくれることです。他にも、ハクビシンが侵入してくる経路を塞ぐ工事も行なってくれます。

TOPボタン