ハクビシン駆除を使用人にさせると問題が発生する

周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切 周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切

ハクビシン駆除は鯉がいる家でも安全に行ないます

鯉がハクビシンによって食べられている可能性があるなら、ハクビシン駆除をして鯉が食べられないように対策をしましょう。

使用人さんが勝手に駆除しないよう注意しましょう

ハクビシンは法律によって守られています。ですから、ハクビシンを傷つけるのは禁止されているのです。ハクビシンを傷つけると、法律に触れることになってしまうので使用人が勝手にハクビシンを駆除しないように注意しておきましょう。ハクビシンを駆除する場合はハクビシン駆除業者に依頼をする必要があります。しかし、ハクビシン駆除業者であれば、駆除をする際にちゃんと許可ももらっているので安心して任せることができます。

業者が行う駆除の方法

追い出し
ハクビシン駆除として、基本的な方法の1つは家から追い出すことです。ハクビシンを発見したら大きな音を出すなどしてハクビシンを脅かしましょう。音で危機感を感じさせる事ができれば、これだけでハクビシンが戻ってこなくなります。他には、ハクビシンが嫌いなニオイを利用するという方法です。ハッカ油や木酢液などの忌避剤を撒くのもハクビシン駆除方法としては有効です。
生け捕り
ハクビシンを罠で捕獲します。ハクビシンの捕獲は禁止されていますが、許可をもらえれば捕獲することができるのです。また捕獲する際は、狩猟資格が必要となります。捕獲方法には、手取りや罠捕獲、射殺駆除があるのです。射殺駆除はよっぽどなことがない限りは、行なうことはないでしょう。1番用いられる手法は、罠による捕獲です。

ハクビシン駆除で心配なのは鯉への影響

ハクビシン駆除を行なう際は、犬や猫、鯉に悪影響を与えることはありません。理由としては、ハクビシン駆除を行なう場合は、毒性の強い毒を使用しないからです。また罠による捕獲をすることが圧倒的に多いことも理由として挙げられます。猫や犬はハクビシンに襲われることは少ないので安心ですが、鯉はすぐに食べられてしまうので、飼っている方は食べられないように守りましょう。

TOPボタン