ハクビシン駆除をして元々あった環境を取り戻そう

周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切 周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切

その豪邸も糞尿で崩れ落ちるかも!?掃除や消毒も忘れずに!

一戸建て

ハクビシンは人の家に侵入してくることがあります。もし家に侵入されてしまった場合は、ハクビシン駆除を行ないましょう。また、ハクビシン駆除を行なった後はきちんと清掃をするようにしましょう。消毒による殺菌作業は業者に任せるようにすると良いです。

豪邸を守るための対策

素人にハクビシン駆除をさせるのはあまりおすすめできないです。ハクビシン駆除は難しいので駆除は業者に依頼しておきましょう。


使用人に駆除後の掃除を任せても大丈夫ですか?
使用人にハクビシン駆除を任せるのはあまりおすすめできません。というのもハクビシンを罠で捕獲するのは資格が必要になります。またハクビシン駆除を行なうのは許可をもらわなければいけません。他にもハクビシンの病原菌が体に付着する恐れもあります。そのため、病原菌の付いた状態だと、多くの健康被害を受けることがあるので気をつけたいところです。
巣を作られてしまった家の環境を戻すことはできますか?
可能です。ハクビシンが住み着いた場所をきれいに掃除した後に、しっかりと消毒作業を行ない殺菌をすれば、いつもの環境を取り戻すことができます。場所によってはシミが出来ていることもあるでしょう。そのような場所は、補修工事をすることになります。補修工事を行なうことで、シミになった部分をきれいにすることができるので問題ありません。

侵入経路を塞いで鯉と家を守る

ハクビシンは3ミリほどの小さな隙間であっても、無理やりこじ開けて侵入していきます。ですからハクビシンの侵入を防ぐ場合は、隙間を空けないように気をつけましょう。ハクビシンは、地面に穴を掘って移動するということをしません。主に高いとこころへよじ登り、移動していく性質を持っています。ですから、地中から侵入される心配がないのです。また、鯉がいる池の周りをしっかりと囲いさえすれば、侵入されることはないのです。池の周りはワイヤーや金網で囲うのが有効な方法といわれています。

TOPボタン