大切な鯉を守るためにハクビシン駆除をする

周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切 周囲にハクビシンの巣が作られていないかを確認することは大切

狙われやすい鯉をしっかり守る~対策方法を探る~

ハクビシン駆除を行なった後でも、気を抜いてはいけません。駆除後はしっかりと対策をしましょう。

池のハクビシン対策を行なう人の声

鯉をハクビシンから守るために、対策をしている人もいるようです。

対策してから大きく育つようになりました(67歳/男性)

ハクビシンによって毎日のように鯉が攫われていました。1度は鯉が池からいなくなることもありましたが、最近はある対策をしてから鯉がすくすくと育つ環境にすることが出来るようになったのです。対策といっても、池の上に竹を組んだだけのものです。見た目はあまり良くないですが、この対策のお陰で、鯉が元気に成長しているので良かったと思っています。

美観性を求める人からすると、不格好になるようなハクビシン対策は行ないたくないといのが本音でしょう。ここでは美観を損ねずにハクビシン対策ができる製品があるので紹介します。

美観性を損ねずに対策するには

ハクビシンをうかつに傷つけることはできません。また資格のない人が罠を使って捕獲をするというわけにもいかないので、対応に困ってしまいます。ハクビシン駆除を業者に毎回依頼するのも手間だといえるでしょう。最近ハクビシンを傷つけることなく追い払える製品が話題となっています。この製品は強力な水を噴射して、ハクビシンのような害獣を追い払うというものです。赤外線センサーを利用して、ハクビシンの動きを捕捉します。侵入してくる度に自動で追い払ってくる優れものです。設置しても美観を損ねることもないので、気軽に設置することができます。

お金に余裕があるなら業者に予防を依頼

お金

ある程度お金に余裕があるのであれば、業者に定期的に点検をしてもらいましょう。ハクビシン駆除業者は定期的確認をするプランを用意しています。このサービスでは、いちいち依頼をしなくても3ヶ月に1回ハクビシンが侵入していないかなどをチェックしてくれます。もし異常を確認した場合は、無償でハクビシン駆除を行なってくれるのです。

TOPボタン